HOME  > 企業向け  > 労働問題セミナー・研修『会社が労働問題で訴えられないための管理職養成塾』研修プログラムのご提案

企業の経営者・人事ご担当者様へ
『会社が労働問題で訴えられないための管理職養成塾』
研修プログラムのご提案

当研修のご説明

 企業の労働環境が大きく変化し、そこで働く社員の雇用形態の多様化が急速に進んでいる現代の職場では、適正な労務管理の実施が経営成功の鍵を握る重要な要件になっています。
 経営者、人事担当者、管理職が労働労務に関する法律知識を身に付け、労働問題の実例を知り、日々の職場において問題が起きていないか、起きそうになっていないか常に気を配っておく必要があります。この『気配り』が労働労務問題の未然防止、裁判外解決という効果を生み出し、さらに快適な職場環境が形成されることで、優秀な人材の確保にも繋がっていきます。
 『会社が労働問題で訴えられないための管理職養成塾』では、講師自身が経験した多くの実例とその他裁判例を基に、どうすれば企業としてリスクの少ない労務管理を実現することができ、社員の信頼を得て、労使双方が成長していけるのか、そのための実務と心構えを身に付けて頂きます。

対象業種

 企業の経営者、管理職、人事担当者

当研修の特徴

 「仮想労働事件」を受講者に解決して頂きます。

プログラム

 別紙をご参照下さい

対応人数  〜50名


金  額  1回 14万(税別)〜

東京23区内以外の場合交通費を実費ご請求いたします。
遠方で宿泊費が必要な場合、実費請求いたします。
資料は事前にデータでお渡しいたしますので人数分のプリントアウトをお願いします。
事前に研修に付加したい情報などのお打ち合わせをし、可能な限り対応したいと思います。

講師 松本 健一(社会保険労務士)

 経歴詳細

『会社が労働問題で訴えられないための管理職養成講座』研修プログラム

テーマ別、シリーズどちらでも対応いたします。

テーマ 時間 セミナー
の形成
1 セクシャルハラスメントトラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 性的関係を求め、拒否されると業務上の嫌がらせを行ったケース
  • 職場で卑猥な言動を頻繁に行い、身体に触るなどの行為をしていたことを、注意されたことに腹を立て、解雇したケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想セクハラトラブル』解決 90分 双方向議論
2 パワーハラスメントトラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 自分と性格の合わない部下に対して、難易度の高い業務を到底不可能な期限までに完了するよう指示し、完了できなかった場合に、他の社員の前で大声で叱責し続けたケース
  • わざと不明確な業務指示を部下に出し、部下の作成した企画書を見ると、その書類を放り投げるなどの行為を繰り返し行ったケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想パワハラトラブル』解決 90分 双方向議論
3 過重労働とうつ病トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 毎月150時間超の時間外労働により、うつ病を発症し、上司が適切な対応を取らなかったため、社員が自殺未遂に至ったケース
  • 毎日の業務が深夜まで続き、翌日の業務も早朝からであるため、自宅に帰ることもままならず体調を崩し、長期療養となったケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想過重労働トラブル』解決 90分 双方向議論
4 職場環境と安全配慮義務トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 社員がうつ病から復職したばかりにもかかわらず、故意に精神的に負荷のかかる業務を命じ、結果、社員を退職させたケース
  • 社内に不審な行動をとる社員がいると、上司に相談して いたにもかかわらず、何ら適切な対応をせず、女性社員が被害を受けたケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『配慮不足トラブル』解決 90分 双方向議論
5 配置転換トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 25年間継続して勤務してきた技能職から、事前の具体的な説明もなく、突然遠方の営業所の事務職へ配置転換したケース
  • 限定された勤務地以外での勤務はありませんとの募集に応募し、入社したものの6箇月後に限定勤務地以外の店舗への配置転換を命じたケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想配転トラブル』解決 90分 双方向議論
6 出向・転籍トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 出向に際し、労働条件の変更はなく給与も下がることはないと説明していたが、人事評価がB評価にも関わらず出向1年後に給与を大幅に引下げたケース
  • 2年間の期間限定で子会社への出向を命じたが、2年後に経営状況が思わしくなくなったため、転籍を告げ、拒否されたことから解雇したケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想出向・転籍トラブル』解決 90分 双方向議論
7 残業手当・給料引下げトラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 新人事制度の導入とともに、これまで支払ってこなかった残業手当を支払うことにしたが、社員から新人事制度導入前の残業手当も支払ってほしいと言われ拒否したケース
  • 数回程度の遅刻を理由に、給与を7万円引き下げ、本人が抗議してきたのでさらに3万円引き下げたケース
90分 講 義
裁判例紹介 50分 講 義
実践!『仮想残業手当・給料引下げトラブル』解決 90分 双方向議論
8 普通解雇と懲戒解雇トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 入社1年で営業成績が不振であることを理由に、就業規則の普通解雇事由に当たるとして、いきなり解雇通告したケース
  • 他社において非常勤役員になっていた社員を『会社に対する重大な背信行為だとして懲戒解雇したケース
90分 講 義
裁判例 50分 講 義
実践!『仮想普通解雇と懲戒解雇トラブル』解決 90分 双方向議論
9 退職勧奨トラブルの考え方 50分 講 義
実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 営業部長として部門目標を大幅に上回る結果を毎期続けてきた社員に対し、経営者が代わったことで大規模な組織変更を行うことになったため、退職勧奨したケース
  • 20代の一般社員に対して、勤務成績不良を理由に、指導、教育を行わずに退職勧奨を行ったケース
90分 講 義
裁判例 50分 講 義
実践!『仮想退職勧奨トラブル』解決 90分 双方向議論
10 業務委託・請負契約トラブルの考え方実例に基づく未然防止策と問題解決方法
  • 常駐先において勤務して、本社から随時指示を受け業務を行ない、勤務時間も決まっており時間拘束されていた者と業務委託契約を結び、突然期間満了で契約を終了したケース
  • 業務請負契約をした者に常駐先での業務を依頼したが、勤務実態は、常駐先の上司から具体的な業務指示を受け勤務時間も決まっており、事実上の労働者派遣になっていたケース
90分 講 義
裁判例 50分 講 義
実践!『仮想業務委託・請負契約トラブル』解決 90分 双方向議論


お問い合わせはこちらから

お問い合わせ・ご相談

電話によるご相談:03-5226-5763(平日10時から19時)

メールによるご相談

プリンタ出力用画面
前のページ
大垣壽雄プロフィール
コンテンツのトップ 次のページ
講師プロフィール松本健一
Copyright © 2006-2017 セミナー講師・派遣センター. All Rights Reserved.