会社設立専門家センター(http://www.shinkaisha.net/)国民生活金融公庫(国金)提出用“開業計画書”超実践的書き方セミナー


テーマ: 5/9(火)国民生活金融公庫(国金)用セミナー 参加費お一人様19,800円(税別)+成功報酬1.5%
内容: 創業時の資金調達を成功させるために避けて通れない、開業計画書の書き方をたった半日でマスターするセミナーです。



詳細はこちら



まず前半の講義では・・・



□こんなにも違う!借りたい側と貸す側のスタンスの差とは? 「お金が無いから借りたい」は本音。でも借り手の事情だけでは融資は通らない。

  貸し手の心理を真に理解して、説得力を身に付けましょう!  



□独立開業者が資金調達するとき、絶対に押さえておくべき、6つのポイントこれを知らずに、国金の窓口に行くことは、パラシュートを付けずにスカイダイビングに挑むようなもの。とっても危険です!



□思わず担当者がお金を出したくなる開業動機の書き方

□ウソではないが、キレイに着飾る!経歴の書き方□現在から未来へ、時間軸の意識が重要!商品・サービスの書き方

□差別優位性を複数の経営資源から訴える!セールスポイントの書き方 

貸し手が思わず「ウ?ン」と唸るような、他者が持ち込む開業計画書とは一味も二味も違う、開業計画書をあなた自身が書き上げるためのコツとテクニックを伝授します。



□融資を受けた以降、何をすべきかを強烈にイメージする!

 貸し手から見れば、融資実行以降、確実に返済をしてくれるかが興味関心の対象です。

 その意味で、借りられたら終わりではなく、そのときから真に創業者としての事業がスタートします。

 貸し手の審査担当者からのスルドイ将来ビジョンへの突込み質問にアタフタしないための経営戦略もぜひ押さえておきましょう。





セミナー後半の演習では・・・



 前半で理解した知識・コツをベースに、各人の事業を、具体的に開業計画書に記入していきます。

 ちなみに、国金に行くともらえる書き方サンプル(ホームページからも閲覧可能)は、実は悪例であり、これを真に受けてマネをして書いても十中八九、審査は通りません!!



 演習に際しては、講師が当セミナー用に用意した、良いサンプル事例を差し上げます。





☆後半の演習の最後に、各自20分づつ、個別の相談タイムを設けております。 講義と演習の時間でクリアにならなかった書面の箇所は、この中で解決を図ります。
日時: 5月9日(火)午後1時30分 - 午後6時30分(受付開始午後1時15分)
場所: ちよだプラットフォームスクウェア503
参加費(税込): \20790
備考: ☆講師である市場戦略家の町田和隆氏は、現役の経営コンサルタント。

 現在は、千代田区九段北で、株式会社MOONコンサルティングの代表取締役として活躍されています。



http://www.moongroup.jp/



場所地図

会場電話番号03-3233-1511



主催者ホームページ
申込締切: 2006-05-08
※募集を締め切りました
Copyright © 2006-2018 セミナー講師・派遣センター. All Rights Reserved.