経営者のための個別無料労務相談


テーマ: 経営者のための個別無料労務相談
内容: 労働事件専門社労士の不適正労務管理で利益を失いたくない経営者のための個別無料労務相談

労働者側の労働事件依頼も積極的に受任する社会保険労務士事務所が、実例に基づく労働紛争の未然防止策と早期解決のノウハウを伝授します。真面目に経営を行う経営者の人事労務に関する運用の悩みに的確にお答えいたします。
役所の無料相談とは一線を画し、人材を重視する経営者であればとことん支援します。

相談例 : 
1 10人未満の会社が就業規則を作成していない場合どんなリスクがあるのか。
2 就業規則を周知していない場合どんなリスクがあるのか。
3 社員の給与を業績不振を理由に一方的に引き下げた場合どんなリスクがあるのか。
4 労働契約を書面で交わしていない場合どんなリスクがあるのか
5 試用期間中の解雇はどんなリスクがあるのか
6 セクハラ、パワハラにはどんなリスクがあるのか
7 配置転換、出向、転籍にはどんなリスクがあるのか
8 人事考課の運用にはどんなリスクがあるのか
9 休職制度の運用にはどんなリスクがあるのか
10 残業代の支払方法にはどんなリスクがあるのか
11 賞与、退職金の支払方法にはどんなリスクがあるのか
12 労働時間管理にはどんなリスクがあるのか
13 年次有給休暇の運用にはどんなリスクがあるのか
14 非正規労働者の雇止めにはどんなリスクがあるのか
15 退職勧奨にはどんなリスクがあるのか
16 勤務成績不良を理由とした解雇にはどんなリスクがあるのか
17 事業の廃止・業務縮小による解雇にはどんなリスクがあるのか
18 懲戒処分、懲戒解雇にはどんなリスクがあるのか
19 過重労働にはどんなリスクがあるのか

これらの内容は、労務リスクの一例ですが、適正な労務管理が行われていない企業の損失は決して小さくありません。これからの時代、このリスクはますます増大していきます。
日時: 随時開催
場所: ヒューマンサポート社労士事務所
参加費(税込): 無料
備考: 講師:ヒューマンサポート社労士事務所 特定社会保険労務士 松本健一
プロフィール:上場企業等で人事業務を約10年経験し、平成15年6月開業。
開業当初から個別労働紛争解決業務に積極的に取り組む。
社会保険労務士という立場で労働紛争にアプローチしていることから、
労働者側の労働事件依頼にも積極的に応じている。


会場住所:東京都港区西新橋1−21−8 弁護士ビル901号

備考に希望日時(候補1.2.3)と相談内容をお書きの上、メールフォームからお申し込み下さい。
申込締切: 2012-12-31
※募集を締め切りました
Copyright © 2006-2017 セミナー講師・派遣センター. All Rights Reserved.